サラリーマンにとっての不動産投資メリット

サラリーマンだからこそ得られる不動産投資のメリットがある
 
不動産投資は、ローンを組んで物件を購入し、入居者に入ってもらって家賃を支払ってもらい、その家賃を原資として不動産のローンを返し、その他諸経費を支払い、税金を支払い、残った額を自分の収益とするものです。非常に簡単な仕組みで、あまりリスクはありません。ですが、完全にノーリスクというわけではなく、空室になる、地価が下落するなどの多少のリスクもありますが、リターンもありますので、ミドルリスク・ミドルリターンの投資と呼ばれます。
 
そこで、まずは物件を買わなければ不動産投資はスタートしないのですが、不動産投資では、銀行からローンを借りて物件を買うことになります。その際に、サラリーマンであると非常に有利なのです。
 
年収の10倍、うまく上場企業などに所属していれば20倍などの融資を受けることができます。その分だけ、多くのマンションに投資できますので、リスクヘッジにつながりますし、資産形成も容易なのです。
 
サラリーマンこそ、不動産投資をしよう!
 
サラリーマンこそ不動産投資に最適なのです。物件探しには平日の昼間が有効ですが、そうしたときは代理の不動産代行業なども活躍してくれます。日頃の管理には、これまた不動産管理業者が入ってくれるので、こちらも片手間で大家さんができます。うまく外注すれば、サラリーマンであるあなたがやることは、通帳の家賃入金の管理だけで良いのです。
 
サラリーマンである自分の社会的信用力だけで、資産を築くことができます。とても有利なポジションに居ることを忘れないでください。会社をやめてしまっては一気に社会的信用がなくなり、銀行はお金を貸してくれなくなります。サラリーマンだからこそ、銀行からお金を引き出して上手に資産運用するというメリットがあるのです。
 
サラリーマンであるからこそ、チャンスでもあるのです。ぜひ不動産投資にチャレンジしてみませんか。

 
jaJapanese